キャッシュレス時代のミニマムな財布を考える2

 

理想の財布を求めて

前のエントリーで述べたが、現金で支払う店用には別の財布を使う。
カードが使える店で支払うときの財布には小銭は入らなくても良い。カード類とレシートをスマートに収納できれば良いのだ。

この条件を叶える財布を求めてネットを探し回って候補に上がったのが以下の財布だ。

L字ファスナーミニウォレット イタリアンレザー プエブロ PUEBLO CHAM チャム

財布を探し始めて最初に見つけたのがこれ。

コンパクトな財布を求めて検索すると、L字ファスナーの財布というのがたくさん見つかる。
3年前に財布を買った時には見かけなかったが最近のトレンドなのだろうか(それとも気づかなかっただけ?)。

スリムだが、レビューを読むとカードはたくさん入らないようなので断念。

中身を厳選できる人には良いかもしれない。

 

ブライドル ファスナーカードケース

たくさんカードを入れるならいっそのことカードケース でいいんじゃなかと検討。

カードケースとされている商品は名刺やクレジットカードのサイズぴったりに設計されているものが多くて、ポイントカードが入らなかったりするのだが、これは少し大きめ。

ブライドルレザーという高級感のある素材で長く使えそう。

でもやっぱりレシートやらポイントカードやら入れると整理がしづらそうなので断念。

 

【HUKURO】究極サイフ(ショート) 栃木レザー 財布 L字ファスナー 財布 新タイプ 

カードもたくさん入りそうだし、カード以外も余裕を持って収納できそう。ポケットにもマチがあって出し入れもしやすそう。

購入決断直前に、サイズがちょっと大きいことに気づく。
約11cm×約11.5cm×約1.8cm。
パンツのポケットには無理がありそうなので断念。

財布をバッグやポーチに入れるんだったら使い勝手がいいと思う。

 

吉田カバン ポーター PORTER フリースタイル コインマルチケース

ポーターは好きなブランドだ。

カジュアルでありながら、さりげない上品さがある。
内側に小さいポケットがあるのも意外に便利そう。

しかしモノのサイズの割にブランドのラベルが主張しすぎかな。

ポーター大好きな人はイイと思う。

 

BELLROY, Card Pocket・カードポケット

これまで使っていた財布がこのBellroyの財布なので、候補としてこちらも検討。

公称でカードを15枚収納ということだからたくさん入ることは入るが、この形状ならそんなものだろう。以前使っていたHide And Seek Walletのようなブレイクスルーは感じられない。

でもこのフクロウのアクセントはオシャレ。

理想の財布に出会う

いろいろ検討した結果、決めたのがこれ。

hmny カードケース(hmny W-052)

半月ほど使ってみたがとても気に入っている。

商品自体はカードケースという位置付けなのだが、内部が薄い素材のポケットで仕切られていて、レシートやポイントカードなどがカードと区別して収納できるので使い勝手がいい。また、カードもよく使うカードとたまに使うカードに分けて収納できるのが便利だ。

そして十分な収納力である。

下の写真はクレジットカードや免許証などのプラスチックカード17枚、クオカード3枚、他にスタンプカードやレシートを収納している。

内部の様子
たくさんのカードが収納可能

ファスナーを全開すると大きく開くのでカードがたくさんあっても探しやすい。

カード類を左右と中央のポケットに収納しておけば全開にしても誤って滑り落ちるということはないし、なおかつ適度なマチがあるので取り出しやすさは十分だ。

これで厚さはたったの約21mm。

今のところクレジットカードが使えるところ用の財布としては理想形だと思っている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です