ライフスタイル

【nanaco】クレジットチャージをする人は知っておかないと後悔すること

投稿日:2018年12月26日 更新日:

あらためて説明するまでもないが、nanaco(ナナコ)は、株式会社セブン&アイ・ホールディングスが日本国内で展開する非接触型決済方式の電子マネー。

あらかじめチャージしておけば、セブンイレブンやセブン&アイ系のお店でサッと支払いができるというアレだ。

最近はセブン&アイ系以外でも使えるところが多くなっている。

このnanacoにチャージするにはいくつかの方法があるが、なかでもメリットの大きいクレジットチャージについて、知らなかったために大失敗だったかもしれなかったエピソードを紹介しよう。

 

nanacoのチャージにクレジットチャージを選ぶ理由

nanacoへのチャージでいちばん手軽なのはセブンイレブンのレジでお願いする方法だと思うが、それではなんのメリットもない。

以前は、8のつく日の「ハッピーデー」にイトーヨーカドーでチャージすると景品がもらえたりしたが、今はやってないんじゃないかな。

それよりは、公式サイトの会員メニューから行うクレジットチャージを利用した方がよっぽどいい。

利用するカードによっては、そのカードのポイントがつくからだ。

nanacoなどのプリペイドへの支払いにはポイントがつかないカードが多い中、私の利用するリクルートカードは1.2%相当のポイント還元である(ただし1ヶ月のチャージ金額30,000円が上限)。

セブン&アイ・グループの発行するセブンカードでも0.5%なのだからこの還元率は大きい。

ただし、全く手間いらずのオートチャージに設定できるのはセブンカードだけだから、どっちを取るかはその人の価値観次第だ。

クレジットチャージは、nanacoの公式サイトの会員メニューで、利用するクレジットカードを登録した後、利用可能になる。

 

登録してあるクレジットカードを一時的に変更する

クレジットチャージに登録しているリクルートカードを一時的に楽天デビットカードJCBに変更することにした。

なぜかというと、期間限定で「楽天銀行デビットカードJCB ご利用金額の10%を現金でプレゼント!」というキャンペーンが行われているからなのだ!

このキャンペーンは不定期で行われていて、楽天銀行のWebサイトでログインした後、キャンペーン一覧で確認することができる。

ただしプレゼント付与の上限は5,000円。つまり、50,000円の利用までが対象である。

 

何に50,000円を使うか?

 

とりあえず欲しいものがなければ、ギフト券を買うとか、電子マネーにチャージするとかが思いつくだろう。

ふつうはそういった金券の類の購入にはポイントがつかないという場合が多い。そういう意味で、nanacoへのチャージで1.2%のポイント還元のあるリクルートカードは貴重なのだけれど、この楽天デビットカードJCBのキャンペーンは桁違いの10%である!

nanaco へのチャージであっても、このキャンペーンの対象になるとの情報も得ている。

ということで、nanaco のサイトで登録してあるクレジットカードを楽天デビットカードJCBに変更して利用することにした。

nanaco のクレジットチャージの設定は、nanaco のサイトでログインして、「nanacoクレジットチャージ」から行う。

登録してあるカードの変更は「登録クレジットカード変更・更新」で行う。

デビットカードって本当に登録できるのか?と思ったりもしたが、途中、本人認証サービスの認証を経て、なんの問題もなく変更できた。

 

登録クレジットカードを変更すると24時間クレジットチャージできない

さて、変更が完了したから、次は早速チャージするか。と思いつつ、確認画面を眺めていたら...

えっ?....

  • 「クレジットチャージ」は、登録クレジットカード変更後24時間経過後からご利用いただけます。
  • 一度変更した登録内容をさらに変更する場合は、翌日の朝6時以降に行ってください。

えっえっ.....

 

キャンペーンは今日までなのよー!

 

がーん。

 

しょうがない〜楽天デビットカードJCBのキャンペーンをnanacoで利用するのは諦めるとしても、明日が納付期限の税金を納めるのにnanacoを使いたかったのよ。

nanacoの残高が支払額に足りない。

 

なんのメリットもない現金でなんて払いたくない!

 

変更が完了していないだけで、変更前のカードは使えるか?

と思い、クレジットチャージを試して見たところ...

 

変更後はどうやったって24時間はクレジットチャージはできなくなることが判明....

これじゃ納税にnanacoを使えないじゃないか!

 

公式サイト以外でnanacoギフトを買ってチャージする

いやいや、nanacoにチャージしてポイントを得る方法にはもう一つあるのよ。

nanacoへのチャージは、あくまでも公式サイトの会員メニューで行うのだけれど、会員メニューを見るとわかるように、「nanacoギフト登録」というチャージ方法があるのだ。

このnanacoギフトは「デジタルコードをオンラインで簡単にご購入できるデジタルコード通販サイト:Kiigo(キーゴ)」で購入することができる。

KiigoはnanacoをはじめiTunesなどのデジタルコードを購入することができて、購入に使ったクレジットカードのポイント還元も普通に得られるという(通常デジタルコード等の購入ではポイント還元がつかないことが多い)ありがたいサイトだ。

このサイトは怪しい販売サイトとかでは全然なくて、POSAというプリペイドカードの仕組みを日本に導入したインコム・ジャパン株式会社という企業が運営している。

購入の際も「3Dセキュア」認証に対応していないカードは使えないようになっていて安全性は高い。

 

ここでは楽天デビットカードJCBは使えない(使えるのはVISAかマスター)が、リクルートカードは使える。

毎月50,000円が上限なんだけど、nanacoの公式サイトでの上限30,000円とあわせれば、毎月上限80,000円までnanacoへのチャージでポイント還元が得られるというわけだ。

これだけチャージできれば私の場合、納税にはだいたい間に合います。

80,000円のポイント還元は、リクルートカードだと1.2%だから960円。これを少ないと見るか多いと見るか。

私にとっては、ちょっとリッチなランチ1回分ていうところ。

なんのメリットもない現金とか絶対イヤです。

 

このKiigo、オススメです。

 

もし、これから利用してみようという方がいらしたら、次のお友達紹介コードを使うと、あなたにもわたしにもポイントがプレゼントされるということなので、よかったら使ってみてください。

 

Kiigo お友達紹介コード:3oU11pvyPB

 

とりあえず、明日が期限の納税には間に合いそうです。

 

さて、話それじゃあ楽天デビットカードJCBを何に使うか。

nanacoで大丈夫なら、Amazonのギフト券でもいけるんじゃ?

 

 

ということでAmazonギフト券を購入してみることに。

はたして、10%バックの対象になるのかどうか。人柱になる意味も含めて買ってみました。

結果がでたらお知らせします。(標題から逸れました(^_^;)

-ライフスタイル
-, ,

Copyright© 自炊自賛 , 2019 All Rights Reserved.