みぞおちの痛みに注意!
それ狭心症かもしれません

ストレス社会に生きるみなさんであれば、何がしかの体の不調を抱えているんじゃないかと思う。

ときどき、みぞおちあたりが締め付けられるように痛むという症状はないだろうか。

それ、狭心症かもしれませんよ。

続きを読む みぞおちの痛みに注意!
それ狭心症かもしれません

Apple Watchがどうやって私の心房細動を発見したか4(完)

11月30日深夜から12月1日にかけての「日」表示

ついに疾病が明らかになる日

その日(12月1日)の朝、就寝中も左腕にはめているApple Watchに「心拍数」アプリからまたしてもいくつもの通知が表示された。

前日11月30日の夜はいつも以上に脈拍が早まっているのを感じていて、就寝間際にも治らないまま床についた。その翌朝のことだ。

Apple WatchとペアリングしているiPhoneの「ヘルスケア」アプリに記録されている「心拍数」で確認してみると就寝中であるにも関わらず深夜から早朝4時台にかけて120を超える数値が連続して記録されていた(上画像)。初めてアプリからの通知に気づいた11月7日と比べてもはるかに多い回数だ。

これは明らかにおかしいと確信し、今日は病院に行こうと決心した。

続きを読む Apple Watchがどうやって私の心房細動を発見したか4(完)

Apple Watchがどうやって私の心房細動を発見したか3

ほぼ毎日Apple Watchを使ってきて

私が使用しているApple Watchは、Series2の42mm シルバーアルミニウムケースだ。2017年1月に購入してから、充電している時間以外は就寝中も常に左腕に装着し使用している。

充電中…

だいたい1年間使ってきて、よく使うアプリ・機能は、「Wallet」でSuica、「メッセージ」、「アクティビティ」、「ワークアウト」のほか、標準アプリ以外では、エクササイズ用途に、心拍ゾーンをチェックしながら運動の強度を調整するのに役立つ「Zones」、ストレッチのインターバルを計測するのに「周期タイマー」、睡眠管理に「Auto Sleep」などといったところ。

続きを読む Apple Watchがどうやって私の心房細動を発見したか3

Apple Watchがどうやって私の心房細動を発見したか2

病室のベッド脇の椅子

やはり手術の後ともなればそれなりにしんどさもあって記事の更新も滞ってしまった。
手術は水曜日で翌木曜日に前回のエントリーを投稿したがちょっとしんどくて投稿を中断。しかし翌々日の金曜日には無事退院。土曜日曜はゆっくり静養して、今日月曜日に無事に目下の本業の勤務先に出勤することができた。
今、夕食を終えて一息ついて落ち着いたところなので「Apple Watchがどうやって私の心房細動を発見したか」その経緯の続きを投稿していきたいと思う。

実はApple Watchに知らされる前から兆候はあったが…

続きを読む Apple Watchがどうやって私の心房細動を発見したか2

Apple Watchがどうやって私の心房細動を発見したか1

watchOS4で新しくなった「心拍数」アプリ。 Apple Watchの横の白いのは入院患者を識別するタグ。

手術は無事終了

Apple Watchのおかげで心房細動が発見されて入院手術することになったことを一つ前のエントリーでお伝えしたが、その手術も無事終了し、いまベッドの上でこうしてiPadに向かうことができている。今日1日は経過観察で明日には退院の見通しである。まる1日自由な時間を確保できたみたいなものなので、この機会に今回どのようにしてApple Watchで心房細動が見つかったのか、その経緯をまとめておきたいと思う。

続きを読む Apple Watchがどうやって私の心房細動を発見したか1

まさにアップルウオッチに命を救われた…かもしれない

Apple Watchの心拍数アプリが心拍の異常を通知

全くタイムリーと言うべきか、今朝のネットニュースでアップルがApple Watchの利用用途の重点を医療分野にシフトさせているという記事がアップされた。

何を隠そうこの私が、そのアップルの挑戦の一つの成果になるかもしれないと言えそうだ。

今日、アップルウォッチによって明らかになった疾病を治療するため入院する。あまりにタイムリーなので、今まさにその病院に向かう電車の車中でこの記事を入力している。
続きを読む まさにアップルウオッチに命を救われた…かもしれない